不妊治療はもう少し年をとってからでもいいよね?

不妊治療は高齢になったからでよい。そのように考えている方はいないでしょうか?

 

たしかに現在の不妊治療は40才前後の患者さんが多く、そのように考えてしまうのも当然かもしれません。しかし患者さんの中には20代の人も、30代前半の方もいます。不妊治療は高齢だから取り組むというわけではなく、「妊娠しにくいから」取り組んでいるのです。

 

不妊の定義は「健康な男女が妊娠を希望し、通常の性行為を継続的に行っているにもかわらず一定期間、妊娠に至らない場合」とあります。子どもが欲しいと思っているのにできないと思ったら、それはもう年齢にかかわらず不妊治療の始め時だといえるのです。

 

一昔前の不妊治療では若い患者さんが多く、体外受精などの方法で妊娠する率も高かったのですが、晩婚化・晩産化が進んだ現在では、40才前後の患者さんが増えました。そうなると不妊の原因は加齢による「卵子の老化」ということがほとんどで、より不妊治療が難しいものになってしまうのです。

 

もっと早く不妊治療を始めていたら・・・そのような思いを抱かないためにも、「子どもがほしいけどできない」そう思ったら、不妊治療の扉をたたいてみてください。

https://biyonai.net/

週3回の通院が必要な『透析』、海外旅行に行くことはできる?

日本では透析というと、『血液透析』を指す場合がほとんどです。血液透析の場合、透析設備を備えた医療機関に週三回ほど通わなくてはならず、一回の透析時間は4時間が基本となります。
透析治療を開始する患者さんにとっては、これだけ聞いても少なからずショックであるかもしれません。同時に食事や運動などの全身管理も必要ですし、生活習慣も改善しなくてはなりません。

このように聞くと透析は大変な治療に思われるかもしれません。時間も必要ですし、医師や看護師のサポートも必要になってきます。しかし透析医療は確実に進歩しており、透析をしながらでも、健康な人たちと同じように長生きができる時代になりました。そして長生きするだけでなく、生活そのもの楽しめるように多くの環境が整備されていることも事実なのです。

特に最近では、透析を受けながらでも海外旅行を楽しめるようになっています。インターネットの普及により自分で透析設備のある病院を探すことも簡単になりましたし、海外の医料機関と連携した専門サイトもあります。透析を受けながらでも自己管理と準備次第で、多くのことを楽しめるようにもなっているのです。

長引く咳(せき)、そのままで大丈夫ですか?

咳(セキ)が長引く人の中には、市販薬の咳止めなどを服用しそのままという人もいるようです。しかし咳の原因は実にさまざまなものがあり、場合によっては肺ガンといった重篤な病気の初期症状である可能性もあります。また心因性のものや喫煙によるものなど、原因が外部にあるケースもありますから、原因を特定するためにも呼吸器内科などの専門医の診察を受けることがのぞましいでしょう。

一般的に咳はウィルスや細菌などの異物を体外に排出させようとする防御反応で、そのためノドより下の下気道に行かないよう守られています。しかし、体力が衰えていたり免疫機能が低下しているとウィルスや細菌が下気道にまで進んでしまい、さまざまな呼吸器系の病気を引き起こしてしまうことがあります。

長引く咳をただの風邪の症状だと素人判断で軽視するのは、大きな病気を見逃してしまう可能性もあります。咳の症状が2週間以上続くようであれば、ぜひとも医師の診察を受けて、早めの対処をしていただきたいと思います。

痩せている人の体には、ある秘密があった!

どうも世の中は太っている人に対して厳しい風潮がないでしょうか。ただ太っているというだけで、生活習慣が乱れているとか自己管理ができていない、そんなふうに思われることも多いようです。しかし本当にそうでしょうか?それでは世の痩せている人は皆自己管理ができていて、規則正しい生活をしているというのでしょうか?
そんなことはありませんよね。いくら食べても太らないという人もいますし、また太りやすい体質というのは確かに存在します。もちろん体質がすべてというわけではありませんが、太りやすい体質の人からすれば、なんだか不公平に感じてしまいますよね。

そこで太っている人と痩せている人の体を調べた結果、ある違いがあることがわかりました。痩せている人は太っている人にくらべ、GLP-1というホルモンの分泌量が多かったのです。このGLP-1というホルモンはもともと私たちの体の中にあるのですが、食欲をコントロールしていることがわかっています。

このGLP-1をダイエットに活かせないかと考えられたのが、GLP-1メディカルダイエットです。食欲が自然に抑えられることで、意識的な運動や食事制限をしなくても、痩せた体を手に入れることができるというわけです。
GLP-1メディカルダイエットの詳しい情報はこちらから。

カウンセリングで優先されるのは相談者の権利

心理相談などとも言われるカウンセリングですが、一般的な相談とどんな違いがあるのでしょうか。それは専門のカウンセラーによるカウンセリングは、契約に基づいた相談の場ということです。この契約があるから、相談者であるクライアントの利益は守られることになり、安心してカウンセリングを受けることにつながります。

カウンセリングの場において、カウンセラーは守秘義務の遵守が求められます。守秘義務というのは、「一定の職業や職務に従事する者に対して、法律の規定に基づいて特別に課せられた、職務上知った秘密を守るべき義務のこと」です。

またカウンセラーはそれぞれが所属する学会や協会が定める倫理基準を守る義務もあります。これに抵触したような行為があった場合は処罰の対象にもなります。カウンセリングでもっとも優先されるのは相談者であるクライアントの人権なのです。

カウンセリングではカウンセラーとの信頼関係が非常に大切です。ですからその信頼関係を壊すようなカウンセラーはまずいませんが、相談者がじゅうぶんに守られていることを知っておくと、より安心してカウンセリングを受けることができるでしょう。

 

性病検査はどこでするべき?

性病検査で保健所へ行く

じつは保健所でも性病検査をすることが可能です。エイズ検査の場合は、無料かつ匿名で受けることができます。
ただし、それ以外の梅毒やクラミジアなどの性病は、各保健所によって対応が異なるため、事前に調べておく必要があります。
質問や予約をしたいなら、各保健所に電話をしてみましょう。
ただし、保健所はあくまでも検査はできますが、治療はできません。検査で陽性であることがわかったら、専門の治療ができる病院へ行くことになります。

性病検査で病院へ行く

性病検査をしてくれるのは、男性の場合泌尿器科や皮膚科などです。女性の場合は婦人科や産婦人科、ウイメンズクリニックとなります。
いきなり行く前に、きちんと性病を扱っているところかどうか、ネットや電話で確認したほうが、無駄足を踏む心配がありません。
また、クリニックのほうが専門性が高く行きやすいですが、病院ではできてもクリニックではできない検査もあるため注意してください。
詳しい情報は保健所に問い合わせると教えてくれますよ。

 

漢方薬にも副作用はあるんです!医師とよく相談を

「漢方薬には副作用がない」
そんなふうに思っている人もけっこういるようですが、残念ながら漢方薬にも副作用があります。

日本東洋医学会がとりまとめた「漢方と健康保険に関するアンケート 第2回」によると、副作用が認められた症例数は721件。その中でもっとも多かったのは胃腸障害で、その他には発疹、浮腫、などが報告されています。

漢方薬には生薬が含まれていますが、この生薬と副作用の関係性も明らかになっています。例えば甘草という生薬がありますが、これは手足のしびれやだるさといった症状を引き起こす偽アルドステロン症という副作用があることがわかっています。そしてこの甘草は多くの漢方薬に含まれているのです。

今ではがん治療の現場でも用いられることもある漢方薬ですが、安易な自己判断で服用することは避けるべきでしょう。薬剤師や医師とよく相談して使うことが望ましいのです。目黒区には漢方医療を得意とするクリニックもありますから、そうしたクリニックを活用するのもいいかもしれません。

その症状、本当に痔ですか?肛門科の専門クリニックで正しい診察を

『痔』は恥ずかしかったり、手術するのではないかという不安から、なかなか診察に行くことをためらってしまう方も多いようです。命に関わる病気ではないため、放置してしまう方もいるようでうすが、痔をそのままほうっておくとどうなるでしょうか。

痔は良性の疾患ですから、命にかかるということはほぼありません。しかしどんな病気もそうですが、放置しておくと悪化してしまう可能性はじゅうぶんにありますし、ある程度以上に進んでしまうと自然に治るということも難しくなります。また『痔ろう』はまれにがん化する可能性もあります。

そして近年増えているのが、痔だと思って診察してみたら大腸がんだったというケースです。これは大腸がんの症状でもある肛門からの出血や血便を痔が原因だと思い込んでしまうことで起こります。特に長いこと痔を患っている人だと、少々の出血があってもいつもの痔の症状だと判断してしまいがちです。

体に異常が感じられた場合、自己判断せず専門の病院で診てもらうことが自分の体を守ることにつながります。特に大腸がんは早期発見で完治しやすいがんですし、痔も早期に治療することでほぼ手術することなく治すことができます。

大腸・肛門の専門クリニックはこちらから。

正しいストレッチで体質改善!東京のストレッチ専門店

朝、寝起きに大きく伸びをする。
これは立派なストレッチです。

動物も背を反らして大きな伸びをすることがありますよね。
誰しもがいつでもどこでも気軽に行える動作、
それがストレッチです。

スポーツではウォームアップやクールダウンとして、
医療現場ではリハビリ活動として、
個人では体のリフレッシュやリラックスとして、
多くのシーンでストレッチは活用されています。

しかし多くの人が正しくストレッチできているのかというと、
少々疑問が残ります。

ほとんどの人は過去の経験からおこなっていたり、
見よう見まねで行っているのではないでしょうか。
それだと伸ばしたい部位をしっかり伸ばせていなかったり、
逆に痛めてしまっている場合もあるのです。

正しいストレッチは腰痛や肩こりを改善させるほどの効果があり、
ほかにも健康の保持や増進に様々な効果があります。

では、正しいストレッチを知るにはどうしたらいいのか?

本を読むのもひとつの方法ですが、
東京都江東区にストレッチの専門店があります。
こちらでは資格を持ったトレーナーがマンツーマンで指導をしてくれるので、
効果的なストレッチをじっくりと学ぶことができます。
多くの人が身体の変化を体験しています!

本物のストレッチを体験したくなったら、こちらから。

減量成功率96%以上!痩身専門クリニックが新宿にオープン!

女性が集まれば話題のひとつとなるのがダイエット
テレビでは毎週のように新しいダイエット方法が紹介され、
そのたびに紹介された食材や本が売れていきます。

しかし一時的には実践しても、
それを長期にわたって続けられ、
なおかつ結果を出せるのは一握り。

継続する工夫や意志が必要なのはもとより
なかなか目に見える結果が得られないと、
やる気も減退してしまいます。

もともと女性は男性に比べて皮下脂肪がつきやすく、
さらにその皮下脂肪は落としにくいという特徴もあります。

明確に目に見える結果を求めて、美容クリニックの扉をたたく。
そんな選択肢を入れてみてるのはどうでしょうか?

もともと日本人は食事や運動など、
自然な方法で痩せることを求める傾向が強く、
美容クリニック等に壁を感じる方が多いようです。

しかし、より合理的に痩せたいのであれば、
美容クリニックでの痩身(ダイエット)は効果的です。

美容大国・韓国での最新技術を導入した
痩身専門のクリニックが新宿にオープンしました。
減量成功率96%以上と、抜群の成果を出している
新宿の韓流痩身専門クリニックはこちらから。

一般人が自らの趣味の延長線上で全国の人気店舗について語ります!